FC2ブログ

いとうますみロンドンへのぶろぐ

いとうますみのOFFICIAL BLOG since 2005 2009年10月英国より帰国。

2012-03

車で移動しましたが、おそらく同じダムです。








ドラム缶でつくったいかだに家みたいになっていて、ござみたいなのを敷いて、そこで料理を食べることができます。ここでもまたどれも美味しかったわけですが、生きたままのエビや虫も出ました。みなかなり虫が好きみたいで葉っぱに包んで食べたりしています。写真はコオロギですが、他に、もっと小さいのや蜂の子も出ました。蜂の子は味付けのせいか、鰻みたいな味がしました。言い忘れましたけど、さっきのココナッツはコーンの味がしました。せっかくなので、自分も虫をむしゃむしゃ食べました。そういえばこのへんでは、蟻の幼虫を食べる習慣があり、自分も着いた日にたべたのですが、いわれるまで気付きませんでした。蟻の幼虫はこのへんの人しか食べないそうです。
後から来たもう一人が水着を持ってきてくれて、自分を含めて4人泳ぎました。底に切り株がありました。元は森があったそうです。ちょっと寒かったです。水の中の方があたたかかったです。とてもよい経験をしました。
そういえば、ここに行く途中バッファローや牛をよく見ました。そして、牛がみな痩せていることに気付いて、タイの牛は痩せてるね。といったら、それらは野生だから痩せているのだそうです。バッファローはかっこよかったです。
スポンサーサイト

指が写ってしまっていてすみません。この日は観光の日でした。






いろいろなところにつれていってもらいました。
ココナッツを買ってもらいました。これは2つ穴を開けると飲みやすいということでした。果肉も食べられるので食べました。
セブンイレブンに行き、タイのライスバーガーを食べました。かなりいい味でした。日本でも売ってほしいです。
ダムに行くといい、途中寺によりました。とても立派なつくりです。日本のとはかたちが全然ちがいますよね。ここでタイ式の拝みかたを教わりました。三度床に頭をつけます。その後、外で鐘をたたきました。日本みたいにつく感じではなく、木の棒でたたきます。願いがかなうそうです。
その後、ラオス国境近くのダムに行きました。行く途中、ラオスから来たと思われる人々を見ました。人が荷台に乗っています。タイ人も荷台に乗ります。日本だったら止められますよね。
着くと、リゾート地になっていました。まだ夏休みではないので、人はそんなにいませんでしたが、魚を捕ったりしています。しかも、しかけのウキにペットボトルを使っています。ゴミかと思いました。
蝉が鳴いていて、タイ人たちが日本の夏みたいだろ。といってきました。日本のテレビ番組が放送されているせいか、彼らはかなり日本について知っています。蝉を食べるかという話になり、日本では食べる人もいるといいました。タイ人は食べるそうです。

これは抹茶です。


なんか知ってる味だと思ったら抹茶でした。

朝ごはんです。3月24日の話です。










籠みたいなのに入っているのはスティッキーライスです。手でとってにぎにぎしておにぎりみたいにして食べます。色の濃いほうの玉子はフィッシュケークでミートボールはビーフです。魚は川魚です。タイ料理は日本人の口に合うと思います。サラダがからいです。ビリビリきます。基本的に皆で食べます。
花は披露宴会場を飾ったものです。

次の日の朝です。この日は少し肌寒く、タイの冬みたいな日です。





いつも早起きの自分はいつものとおりピーチのブラザーにコーヒーをいれてもらいす。なぜこのようないいかたをするかというと、本当の兄弟であるかわからないからです。たとえば韓国人もなかのいい友達を兄弟といいますよね。その感じだからです。従兄弟かもしれません。
コーヒー用に何がたべるものをもらえます。
蜂の観察をしていると、韓国系の昨日の披露宴でとなりだった女性が来てつついたらひっくり返りもとにもどすのがたいへんでした。彼女は英語が話せます。ロンドンに留学していたからです。しかし、自分はロンドンで会ったことはありません。自分が帰国した後の人でしょう。

式場をかたずけた後、また家で飲みが始まり、朝までやりました。

ちゃんと料理が出るところがすごいとおもいました。昨日のメンバーにドムの後輩がくわわりました。疲れからなのか少し荒れました。
先ほどいったようにドムは先輩なので後輩達は飲みを強要されことわれませんでした。そして1人潰れました。自分は彼といっしょに飲んでいて一気もしたのですが、この日は体調もよく大丈夫でした。たぶん食べながら飲んだからかもしれません。タイ料理はアルコール類はよく合います。
彼は潰れてもこの仲間が好きだといっていました。今の日本人の感覚でいうと古臭い感じがするけど、うつくしいものを見た気すらしました。
日本人が忘れかけているものを思い出させられます。

セレモニー会場です。食べ物ばかりですみません。










結婚式については、自分自身かなり写真を撮ったのですが、後で、ちゃんとした写真が送られてきたらアップするかもしれないし、しないかもしれません。
箱のやつはタイでいちばんいいウイスキーです。焼きそばみたいなのは甘かったです。
申し訳ないくらいにお客様でした。隣に座っていた女性と、ドムの大学の後輩たちが、自分が全くうごかなくてもいいように世話してくれたのです。新しい食べ物が出てくるたびによそってくれたし、飲み物がなくなればすぐにつくってくれたのです。
全く動かずにひたすら食べ、ウイスキーを好きなくらい飲みまくっていました。別に殿様になった気分になっていい気になっていたわけではありません。
なんというか、タイでは何十年か前の日本みたいに先輩後輩の関係が厳しく客人である自分に対して皆が世話をしてくれたのです。日本では最近はそうゆうのが流行らないみたいですが、あらためてみるととてもよいことに思えました。日本では一気飲みの禁止とともに廃れたと思います。少し残念な気がしました。女性が食べ物よそってくれたり、お酒をついでくれるのはとても東洋的なよい文化だと思います。確かにロンドンにいたときは南米の女性は日本人女性が自分にそうするのを見て驚いていましたが、自分が思うに無言のコミュニケーションだと思います。自分的に確実に気をよくするし、相手に好感がもてます。ま、自分の勝手な考えです。
とにかくみな熱心にこの食べ物はなんだとか一生懸命説明してくれました。英語があまり得意でない人もです。
同じテーブルにカップルがいて男の方の髪をセットしたらかなり好評で、いつもこうゆうふうにしてほしいから自分から教えてもらって。と女性がいうのです。でもその彼はマスミイトウゴーバックトゥジャパンだから無理だといっていました。確かに自分でやるのはむずかしいかもしれません。ほかにも何人かジェントのスタイリングをしました。なぜ女性をやらなかったかというと、美容院に行ってしまったからです。
ま、女性たちもよくしあがっていました。
宴もたけなわのころ、突然ドムの両親が自分のことを呼んでいるといわれていやな予感がして行ってみると、一番前の真ん中に自分の席が用意されていてドムのスピーチの最後で皆に紹介されたのです。何が何だかわからなったので、とりあえず失礼のないのないようにワイ合唱礼しました。それが精一杯でした。たぶんドムのいった内容としては日本からきたベストフレンドです。的なことだったと思います。1000人の前で恥ずかしいやらで大変でした。テカテカのスーツ着ていってよかったです。
その後、トイレに行ったら帰ってこれなくなりました。少し目立ったので、いろいろな人が積極的に話し掛けてきたからです。ちょっと偉い人が英語で話し掛けてきて日本から来たの?から始まり、日本の千葉県に9年間住んでいた人もペラペラの日本語で話してきました。おそらく地方で日本人が来ることあまりないからだとおもいます。
披露宴のほうはその後ぐだぐたな感じで帰る人はどんどん帰っていき、カラオケをやっていました。自分も何が歌えとドムの父に言われましたが、歌える歌が思いつかず歌いませんでした。今思えば一曲歌えばよかったです。
しばらくしてかたずけが始まり、披露宴は終わりました。
流れ的にはにほんとほぼ同じでした。カジュアルさを感じました。この規模でやるのはかなり大きいほうだそうです。

もぬけの殻となった家です既に皆はセレモニー会場に行ってしまったからです。



さっきまでかなりたくさん人がいたのにうそみたいにしずかになって変な感じでした。じぶんは先程からのメンバーとさらに教師をやっている男性といっしょにいくことになっていたので彼らを待っていました。
スーツを着たのですが、暑過ぎてジャケットは着ていられませんでした。彼らは驚くほどのんびりしていて、ギリギリになってからシャワーを浴び始めたり、スーツにアイロンがけをしたりしていました。ちなみにタイ人は一日に2、3回シャワーを浴びます。暑いからです。あまりにも暑いので、水シャワーでもいけます。暑い日は水シャワーがお湯シャワーになってしまうからです。実際にそう感じました。
家の写真なので、ついでにいいますが、タイの家は、前は高床式みたいに一階部分はなくガレージみたいになっていて、風通しをよくしていたそうです。最近はエアコンディショナーがあるので一階も後からつくったそうで、この家もそうらしいです。上は木で下は煉瓦でできてます。
で、結局18時から20分くらい過ぎて出発しました。
日が沈みます。

式場の設営をほんのちょっと手伝った後、ヌードルを食べに行きました。







セレモニーの会場に行ったとき、初めて新郎のドムの両親に会いました。とてもいい感じの両親でした。なぜ初めて会ったかとというと、自分がドムとピーチの家といっているのはピーチの両親の家だからです。
自分たちはそのなかからすぐに抜けて食べに行きました。
ピーチの弟がつれてきてくれました。このひはとても暑く日光を避けて歩かなくてはならないほどでした。現地人がそうしていたのでよほどの暑さだったと思います。
タイのお茶はこんないろをしていて甘いです。このヌードルスープには豚のスキンを後のせして食べました。とても美味しかったです。デザートもおいしくココナッツ味で、中に入っているものがベトナムからきたものだとか自分が髪を切った歌手の彼と、ピーチの弟が説明してくれました。地元の人に人気な感じでとても混んでいました。
そこを出た後、焼いたバナナを買いました。日本の焼きいもみたいなもんだよとおしえてくれました。少し焦げているためなのかほんとに焼きいもみたいな味がしました。

話が前後してしまいますが、セレモニーの前日おみやげを買いに出かけました。

次の日忙しくなることが予想されたからです。ピーチの運転で出かけました。
お土産屋にいきました。ウボンは絹が名産ということです。自分はあまり悩まずサクッと自分のセンスでかいました。ワインボトルを飾る用?の台みたいなのを買ってもらいました。実家用かなと思います。
ほかにもテスコでプレパーティー用のワインや駄菓子などを買い。ショッピングセンターに行ったので、日本の化粧品ブランドの展開などをチェックできました。
車で見る景色で思うのが、家を建てる足場が木なことです。

かなり日本が好きな人達みたいで、家のいろいろなところで、日本の写真を見ることができました。



今月は岩手県の厳美渓でした。偶然です。

次の日、結婚式の日の朝です。美容師が来ていた日です。






ピーチのブラザーにコーヒーをつくってもらい、美容師のカットのやり方を盗み見した後、女性たちが皆で大量の料理をつくっていました。こうゆうのは日本の地方でも少し前まで見られた光景だとおもいます。とくに誰かが亡くなったときは、1日では終わらないので親戚が家にたくさん集まり、それによって女性たちがたくさん料理をつくります。そうゆう感じで料理をする音が響いていました。食材は見たことないものもけっこうありました。ハーブを多用します。
外では野良ダックや野良犬がいます。日中は暑すぎるのかそれらを朝によく見ました。
皆は4時まで飲んでいたので、まだ寝ていました。セレモニーも18時からでした。
自分は、たくさんの人数で同じ部屋に寝るとあまりリラックスできないので1人早起きしていたのです。2時間くらいねました。前日はかなりの量のんでいたのですが、あまり影響はありませんでした。タイ式のトイレを使ってみることを飲んでいるときにすすめられました。タイ式のトイレにはトイレットペーパーは無く、大きなバケツにみずをためてあり、小さな手桶みたいなので全てきれいにして、トイレの水もそれで流します。写真撮っておくの忘れました。残念です。

その後、ヘンパーティーらしきものに車ででかけました。


大きな車に男だけが乗って出かけました。ハーレムに行くといっていたので、話の内容からみんなで風俗に行って遊ぶのかな?と思ってどきどきしてたら今日はあまり人がいない?などよくわからない理由で?次は彼らの出身校のウボンラージャタニ・ユニバーシティーに行きました。かなり大きな大学のように思いました。彼らに訊いたら、あまり大きくないし、二十何年かの新しい大学だといっていました。キャンパスはかなり広くかったと思います。
大学について彼らが語った後、彼らはまた何かをさがしはじめ、REDというオーブンになったバーみたいなところにいきました。そこに、な、なんと女性陣も来ていたのです。だからといって、テーブルはべつべつで、そのバー?パブ?みたいなところの話やほかの客やライブをやっている女性がかわいいとか、最近タイ人の若者は背の高い人が増えたそれはミルクをのむようになったからだ、などと話しました。
その後、女性陣から2人合流して、またすぐにいなくなりました。
自分らがのんでいたのはビールで、タイではビールに氷を入れて飲みます。暑すぎるからです。
今は夏でとにかく暑かったです。
帰りに酒を買って帰り、朝4時まで飲みました。タイや日本の話をたくさんして、その時は地方を見ての感想だったのですが、30年くらい前の日本みたいな感じだということになりました。

前にもいったとおりパーティーは二日間にわたります。








大きなホールでやるセレモニーの前日、親族と友人でプレパーティーがあり、パネルやカラオケ用のスクリーンを設置を皆で行い料理と飲み物がたくさん出ます。ミートボールはポークとビーフがあります。
タイではかなりカラオケが流行っているみたいで、日本語の歌もかなりあるみたいでした。

今日は水曜で休みなので、タイでどんなことがあったか投稿します。


むこうでリアルタイムでやりたかったのですが、そんなひまはなかったし、日本の携帯でやっているので、パケ代上の理由で、今書きます。
結婚式が行われた現地に着いたのが朝だったので、セブンイレブンで水を買った後、ドムとピーチの家に行き、おみやげなどを渡した後、買い物について行きました。トイレに行きたくなってガソリンスタンドに行ったらAmazon Cafeというところに行きました。人気のCafeみたいです。味もけっこうよかったです。
ちなみに地方でもセブンイレブンはそこらじゅうにありました。

ようやく帰って来ました。


疲れました。

今から帰ります。

ではまたそのうち。

立っていて寝落ちするほど疲れていたので、寝てたらランチをたべそこないました。


食べられないと思うとますます腹が減ります。

こうゆうことです。


飛行機が壊れて日本に帰れないので、明日帰ります。

東京で壊れました。ホテルをとってくれたので、いいことにします。あきらめがかんじんです。

今からバンコクに行きます。


そして明日帰ります。

タイ人の歌手が来ていて、いきなりヘアカットをたのまれたので、午前中にカットしました。

朝いた美容師は身内なのか?まだいて、朝の仕返しに近くでガン見されました。ほかの人達も日本から来た美容師がどんなカットをするのか興味があるようで老若男女に囲まれながらカットしました。
少し緊張しました。
ジェントだったのですが、得意のスタイルだったので、とてもよくできました。ちょっとかっこよすぎかなと思います。
彼と友達になりました。いとうさんとかいとうくんとよんできます。

昨日も言いましたが、パーティーは二日間にわたります。今日の夜がメインなのですが、日本を出てから二時間しか寝ていません。寝かせてくれないし、寝てしまうのはもったいないとおもっているからです。起きていれば、もっとたくさんの人となかよくなれるからです。体にわるいことをことごとくやっているけどがんばりたいと思います。そのために来たからです。

乗り換えの飛行機はこれでした。チケットの名前がまちがってたやつです。








目的地のウボンラーヂャタニというところです。
地方都市ですね。
電話しないといけなかったので牛乳を買いました。
ドムが迎えに来ました。
家に行く途中ムーンリバーという大きな川につれていってくれました。自分が飛行機からたくさんの池や大きな川が見えた。といったからです。
ということで、ここにいるわけなんですが、詳しくは帰国してから書きますので、今日の話に戻ります。

空港の一階のレストランが気になったので、チケットを買って食べてみました。






何をたべても美味しかったです。
ミルクティーの味が濃かったです。

話が前後して申し訳ないんですが、タイに着いたばかりのときの話をします。 手洗いの高さが高いです。








スワンナプームは巨大な空港です。

このへんに象さんはいません

別の地域でしょう。

朝から美容師が来ています。

ずっと盗み見しているのですが、丁寧に仕事をする人です。
テクニックを見て思うのですが、けっこう勉強している人のようです。
どこの国でも勉強はできます。
100均で買えそうな道具を使っています。
ここではカット200円です。

名字でよばれています。



タイ人はみなニックネームを持っていて、自分は名字が短いので、そうゆうことになっています。
朝は鳥たくさんいます。鳴き声が日本と違います。

今時間が少しあるので、投稿します。今日はドムとピーチの結婚式の日です。





昨日はプレパーティーがあり投稿できませんでした。
ドムとピーチの家にいます。だらだらしています。そして常に飲んでいます。食べ物は全て美味しいです。既にお土産は買いました。怖い思いをたくさんしています。まる2日で2時間しか寝ていません。今もみんなはまだ寝ています。
最初は言葉が通じず馴染めませんでしたが、料理を食いまくって、飲みまくってたら、徐々に調子が出てきて、今は皆と仲良くやっています。
きょうは結婚式に1000人くらい来るそうです。大変なことになりそうです。
VIPといわれて大切にされています。が、手伝いをするようにしています。
暑いです。蚊と闘っています。

いとうなすみではありません


いとうますみです。

 | HOME |  »

 

プロフィール

ますみ

Author:ますみ
レベル6
にんげんおとこ ヘアメイクアップアーティスト、美容師、芸術家、研究者、ヘアスタイル評論家、教育者
8月22日生まれ しし座
O型 
岩手県出身 
釣りが大好き。
焼肉大好き。

いとうますみのサロンワークは予約制です。ご予約ください。東京メトロ千代田線代々木公園駅、もしくは小田急線代々木八幡駅から徒歩1分。メトロは1番出口です。詳しくはお問い合わせください。
月.水-土 11:00-20:00
日.祝 10:00-19:00
火.第3水曜定休
予約は
090-3122-5815
LINEは itomasumi で検索
Facebookは いとうますみで検索 出身校花巻南高等学校
itmasumiアットマークgmail.com
※カタカナを「@」に
一般の方、美容師の方向け技術講習の依頼など承ります。興味のある方は、お問い合わせください。地方出張いたします。プライベートレッスンも受け付けております。
芸能関係のヘアメイクとしても活動しております。ご依頼の方はお問い合わせください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター